小児矯正を行なう|歯科を利用して歯を綺麗にしよう

オーラルケアの魅力

オーラルケアが非常に重要視されています。虫歯や歯周病の予防に対しての重要性はもちろん、他の病気に対する予防の面でもオーラルケアは大切です。口腔内のケアには歯ブラシを使用しますが、必ず歯間ブラシやデンタルフロスも使用するようにします。日本人の多くが歯周病にかかっていることからも分かるように歯ブラシだけを使用している方も多いと思いますが、本来歯ブラシだけでは汚れは取り除けないのです。歯間ブラシやデンタルフロスの使用を習慣化することで虫歯や歯周病のリスクが減り、健康な歯を長く保てます。以前は虫歯のリスクが大きく扱われていましたが、最近では歯周病に対してもケアの重要性が求められています。歯周病は最悪の場合歯が抜けてしまう恐れがありますので、毎日のケアが非常に重要になります。

日本では歯科医院には歯が痛くなってから行くといった習慣がありましたが、最近では定期的に歯科医院へ行って検診を受ける習慣が広まってきています。これはオーラルケアに対する意識が高まってきた為であります。日本では以前は歯間ブラシやデンタルフロスを使用しなかったり、昼食後に歯磨きをしないなどの習慣がありましたので、結果的に高齢になった時の健康な歯の本数は海外に比べて少ないのが現状でした。最近では歯の健康や歯周病による様々な疾患について取り上げられるようになり、その甲斐もあって少しづつ状況は変わってきました。しかしまだまだオーラルケアに対しては歯磨きや虫歯予防のみといった認識しかないのも事実です。健康な歯と身体を手に入れる為にオーラルケアをしっかりと行いたいです。