小児矯正を行なう|歯科を利用して歯を綺麗にしよう

歯の健康

朝起きた時の口のネバつき、気になりませんか。加齢に伴い口内環境にも変化があらわれます。唾液の減少などによるお口のトラブル(歯肉炎・むし歯・口臭など)を抱える前に、正しいオーラルケアを始めましょう。「エイジング世代は唾液料の減少で、口内環境が悪化」最近、ニュースやネットなどでよく話題になる(オーラルケア)。お口の中の手入れを意味するのですが、健康な歯、歯ぐきだけでなく、お口の中全体を清浄で健康的な環境に整える唾液にも関心が集まっています。(加齢とともに唾液が減少します)。唾液の分泌は、加齢やストレスなどによって減少します。30〜40代の唾液分泌量は右肩下がり。それとは逆に、口の中のネバつき成分が多くなります。

「年齢とともに歯だけでなくお口全体のオーラルケアが大事です」。唾液は、主に(耳下腺・舌下線・顎下腺)3つの唾液腺から、1日1000〜1500mlほど分泌されます。食べ物の消化を助けたり、細菌の繁殖を防いだりと、口の中を清潔で健康に保つ働きを持っています。清潔で健康な口内環境を保つため、歯だけでなく全体のオーラルケアを。また、30〜40代は唾液分泌が減少しますから、唾液マッサージなどが効果的。「おすすめ・唾液マッサージ」1人差し指を(耳下腺)耳たぶの下あたりに当てて、うしろから前へグルグル回すように押します。2両手の親指をそろえ、(舌下線)アゴの真下から下を突き上げるように、グッと押します。3親指を(顎下腺)アゴの骨のやわらかい内側に当て、耳の下からアゴの下まで5ヵ所ぐらいを順番に押します。回数は決まっていませんが10回を目安にやさしく唾液マッサージを始めましょう。